【夢を実現させよう】マンガの技術なら専門学校で勉強しよう

技術を身に着ける方法

ペンタブレット

パンフレットを取り寄せてから、説明会などのイベントに参加するのが、マンガについて学べる専門学校を選ぶ場合の基本です。意欲があれば推薦入試を利用することも可能であり、作画やストーリー構成についても学ぶことが、デビューへの近道です。

詳しく見る

人気記事

ニュース一覧

あこがれの職業を目指す

イラストを描く人

人気の職業であるマンガ家になるには、従来は個人的なアシスタント修業などが必要でしたが、最近では専門学校等でシステマティックに技術を学ぶこともできるようになっています。プロデビューのための実践的なアドバイスも得られます。

詳しく見る

基礎から学ぶことも

漫画

将来マンガ業界で働きたいという場合に便利なのが専門学校です。独学では身に付けることが難しいマンガを描く上で必要な知識や技術を基礎から学ぶことが出来ます。また、卒業後の就職やデビューなどのサポートも受けることが出来ます。アシスタントの紹介も行っているため、働きながらデビューを狙うことも出来るのです。

詳しく見る

入学にかかる費用の相場

勉学

マンガの専門学校に入学する際にかかる費用には、「入学金」や「授業料」、「施設費」や「実習費」などがあります。授業料を分割で納めることも可能です。マンガの専門学校でかかる費用のおおよその相場についてご説明します。

詳しく見る

学校選びで重視したいこと

勉強

マンガ学科のある専門学校は人気がありますが、慎重な選び方が求められます。学習内容や就職先についてはそれぞれの専門学校で差が出てくるため、情報収集が欠かせません。他の専門学校と比較したり、マンガの学科が詳しく分かれているところもおすすめです。

詳しく見る

夢を現実に育てよう

勉強道具

初心者でも大丈夫です

昨今のマンガブームは著しく、世界においても日本はマンガ大国です。そうした中で、漫画家になりたいと願う人には専門学校で基礎知識と技術を学ぶのが一番です。仲間と競い合う事で技術も磨けます。マンツーマンの授業を行なっており、デビューする支援制度も充実しています。昼間通学出来ない人には夜間もあったりします。また学費支援制度もあります。主だったコースも多彩であり、原稿制作やストーリー展開の技術や、デジタル原稿の作成、イラストではデッサンやカラーイラスト作成の基礎技術から上級まで、CGによる描写方法など様々な観点から授業が行われています。初心者でマンガを描いたことがない人でも専門学校であればプロから専門の十分な知識と技術が伝授されますから、安心して授業も受けられます。一方で量と数だけこなせばデビュー出来る世界ではないので、プロが持つアプローチを直に感じることが将来の夢への第一歩です。また、デビューはあくまで始まりであって、そこからが長い道のりです。専門学校でマンガを通し、読者をいかに惹きつけられるか、魅力的なストーリー展開と破綻のない設定を作るにも、発想力、発信力、想像力などを養うように心がけたいものです。また学校選びに注意したい点は卒業生の進路です。卒業後の自分の夢がどういうなるのか身近に感じることが出来れば、やり甲斐出て来ます。専門学校はメディアとの繋がりも深いので、膨大な情報量が入って来ます。それらが将来自分を実現させて行く上で大きなポイントになります。

Copyright© 2017 【夢を実現させよう】マンガの技術なら専門学校で勉強しよう All Rights Reserved.